スポンサーリンク

SonyとMicrosoftがクラウドゲームとストリーミングに関する技術の共同開発に向けた提携を発表

NEWS

Playstation2とXboxの時代から常にコンシューマーゲーム機におけるライバル関係だったSonyとMicrosoftが、その関係を度外視しクラウドゲーム技術の共同開発に向けパートナーシップを提携したことが判明しました。

両社は、それぞれのゲームやコンテンツのストリーミングサービスでの使用を目的としたクラウドソリューションをMicrosoft Azureを活用しての共同開発を模索。
さらに半導体、AIの分野においても協力も検討しソニーの半導体とマイクロソフトのクラウドテクノロジーを活用したソリューションの顧客への提供を目指し、マイクロソフトのAIプラットフォームとツールをソニーのコンシューマー機で採用できるようになることを検討するようです。

以下Sony、Microsoft 両CEOのコメント

ソニー 社長 兼 CEO 吉田 憲一郎のコメント:
「ソニーは、テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーとして、世界中の人々を魅了する多くのコンテンツクリエイターに寄り添い、そして、彼らの夢やビジョンを形にするために、最先端の技術を活用した製品を提供しています。プレイステーションは、クリエイティビティとテクノロジーの融合により生まれました。私たちの使命は、このプラットフォームをシームレスに進化させ、最高で圧倒的に没入感のあるエンタテインメント体験を提供し続けるとともに、そうした体験をいつでも、どこでも楽しめるクラウド環境を提供していくことです。長年にわたり、マイクロソフトは競合する領域もありますが、私たちにとって重要なビジネスパートナーです。両社による将来のクラウドソリューションの共同開発が、インタラクティブコンテンツの進歩に大きく貢献すると信じています。また、半導体やAIの分野では、両社の最先端技術を相互補完的に活用することで、社会にとって意味のある新たな価値を創造することができると期待しています。

マイクロソフト CEO サティア ナデラのコメント:
「ソニーは常にエンタテインメントとテクノロジーの領域でリーディングカンパニーです。本日発表したマイクロソフトとソニーの協業は、イノベーションの歴史を創るものとなるでしょう。両社のパートナーシップにより、AzureおよびAzure AIをソニーが活用することで、新しいゲーミングやエンタテインメント体験をお客様に提供できることを期待しています。」

Microsoft

Googleの「Stadia」やAppleの「Apple Arcade」が発表された中で対抗手段として提携と思われ今後の展開に期待したいところです。

Source:Microsoft

コメント

タイトルとURLをコピーしました