レビュー:HyperX「Cloud Earbuds」ゲーミングイヤホン「シンプルな機能と携帯機特化」

ゲーミングデバイス
スポンサーリンク

今回は以前レビューしたゲーミングイヤホン「ROCCAT SCORE」の記事の中でも言っていた、私のYouTubeチャンネル「コローンゲーミング」で投稿した動画「ゲーミングイヤホンランキング」で取り上げたものの中から1本詳しくレビューするシリーズの第2弾。

今回はコチラ▼

をレビューしていきます

ゲーミングイヤホンランキングは▼

厳選「ゲーミングイヤホン」おすすめランキング 9選 [PS4][Nintendo Switch][スマホ]向け

この「HyperX Cloud Earbuds」結構、前の2018年に発売された物になります。
ゲーミングイヤホンとしては珍しいインナーイヤータイプのゲーミングイヤホンになります。

任天堂スイッチやスマホ向けに作られてるみたいなんですが、PCやPS4でも使えたので参考にしていただければと思います。

今回は、以前レビューした「ROCCAT Score」と比較しつつマイク、スピーカーの音質を見ていきたいと思います。

では早速。

内容物

内容物はこんな感じです

  • イヤホン本体
  • S、M、Lのイヤーピースが3組(Mは装着済)
  • キャリーケース
  • 取扱説明書

説明書については英語表記になっていますが、イラストが差し込まれていたり、日本語へ翻訳された注釈が記載されたりと、内容は理解できると思います。

では1つずつ見ていきます。

イヤホン本体

イヤーピースが気になりますがイヤーピースは「装着感」と一緒に後半で見ていきます。

まずは色。

ハイパーエックスのブランドカラーである「赤」と「黒」が唯一無二って感じでかっこいいです。ロゴもイカしてます。

そしてハウジング▼

少し大き目になっていてイヤホンにしては大き目の14mmのドライバーが搭載されています。

ケーブルの長さは1.2mと他のイヤホンと比べても若干短くなっています。
比較用の「ROCCAT SCORE」は1.4mあります。

デスクトップ型のPCで使うには少し物足らない気もしますが、PS4のコントローラーや、Nintendo Switchのような携帯型のゲーム機やスマホに使うには丁度良い長さではないかと思います。

ケーブル自体は平べったい”きしめん状”のフラットケーブルとなっており絡みにくくなっています。

インラインコントローラーは左耳側のケーブルに搭載されていて、1ボタン式です。
マイクも内蔵されています▼

スマホに接続するとボタンで通話の応答やオーディオプレイヤーの操作が可能。

そして接続端子。
L字になっているので接合部分がストレートのものより負荷がかかりにくく、より壊れにくいかと思います▼

そしてキャリングケース。
ハードケースになっていて中身をしっかり守ってくれそうです。
すこし小ぶりなのも持ち運びに便利▼

装着感とイヤーピース

それではイヤーピースを見つつ、装着感を試していこうと思います。
イヤーピースはあらかじめ装着されてる「MIDIUM」と「LARGE」「SMALL」の3種が付属してます▼

私の耳には「MIDIUM」が丁度良かったので、そちらで装着した感想です。

装着感はインナーイヤータイプということでカナル型と違って耳が塞がれている感は薄いです。

それと特許取得済みのイヤーピースと言うことで説明書にもありますが耳の形状にはめ込むことによってしっかりと保持できるようになってます。

首を多少強引に降っても落ちないくらいにガッチリとハマってくれます。
かといって圧迫感も無く、軽い着け心地となっています。

このイヤーピース取り付け部を見てみると、このノズルの突起にイヤーピースの内部をひっかけるような形状になってるので、イヤーピースがノズルからはずれてしまう心配も少なそうです▼

「ROCCAT SCORE」と音質の比較

このゲーミングイヤホン、動画でもレビューしているのですが、その中で「ROCCAT SCORE」「HyperX Cloud Earbuds」のマイク音質を比較しています。
接続方法はPS4に直挿しして、それぞれのマイクの音質を比較するので聴き比べて見てください▼

動画はマイク音質の検証からスタートするよう設定しています。

マイクの音質

  • ROCCAT SCORE:少し低音がモアっとしますが、インラインマイクにしては使える音。
  • HyperX Cloud Earbuds:こもりがちな音。ギリギリVC(ボイスチャット)には使えるかなと言ったぐらいの音質。

HyperX Cloud Earbudsのマイク位置は良好。
顎のすぐ横くらいの高さにあります。
個人差はあるので参考までに。

スピーカーの音質

ゲームプレイ、音楽それぞれの印象

ゲームプレイ

ROCCAT SCORE:低音が足りない。音の粒がハッキリしている。
HyperX Cloud Earbuds:低音がそれなりになっていて、足音の再現性も高め。

音楽

ROCCAT SCORE:やはり低音が足りない。高音は煌びやか。
HyperX Cloud Earbuds:低音は出ているが、重低音の部分、足下に響くような低音はほとんど聴こえない。逆に無駄な音が無いので全体にスッキリした印象の音。
フラットな音質なのでゲーム向きであることは間違いない。

総評

今回は「HyperX Cloud Earbuds」をレビューしました。

軽い着け心地とインナーイヤータイプということでヘッドセットよりもイヤホン派という方で、なおかつ長時間ゲームをプレイする方にオススメかなと思います。
他にも、外出先でゲームすることが多い方にも使い勝手がいいのでオススメ出来ます。

機能性はシンプルですが、使い勝手が良く、特許取得済みのイヤーピースは軽い着け心地で長時間の使用でも不快にならない印象でした。
スッキリした音は低音が苦手な方にもおすすめできそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました