レビュー:「Plextone G2」ワイヤレスゲーミングイヤホン「低遅延」「LED」

REVIEW
スポンサーリンク

今回は▼

PlextoneのBluetooth接続ワイヤレスゲーミングイヤホン「G2」をレビューしていきます。

Plextoneさん。ゲーミングイヤホンに興味のある方なら1度は見たことのあるメーカーではないかと思います。
安価でゲーミングイヤホンを販売しているメーカーさんです。

ワイヤレスと言うことで、スマホでの使用が想定されていると思われます。

では早速

特徴

  • LEDライト搭載
  • 超低遅延:65ms
  • 軽量:片側3.8g
  • 長時間使用:1回のフル充電で8時間使用可能
  • 急速充電:30分の充電で80%まで充電

内容物

  • 本体
  • microUSB充電ケーブル
  • イヤーピース
  • イヤーチップ
  • 取扱説明書
  • 保証書

それでは1つずつ見ていきます。

本体

ネックバンドタイプのワイヤレスイヤホン。

重量は約30g
イヤホンのハウジング自体が3.8gとされているので総重量も軽量になっています。

ネックバンドはシリコン素材でフレキシブルな中央部分と両端がプラスチックになっています。

L側にはコントローラーと充電ポート、そしてインジケーターを兼ねるマイク穴にマイクが内臓してあります。

コントローラーでは電源ON/OFF、メディアプレイヤーの音量調整、曲送り/戻し、通話の応答/終了、本体のモード切替が行えます。充電の端子はmicroUSB

ネックバンドの両端から伸びたケーブルの先にカナル型のハウジング。

ハウジングのロゴがLEDライトで光ります。

イヤーチップは独自の形をしており耳ポケットの内部に引っ掛ける仕様。

充電ケーブル

ケーブルはUSB type-A to microUSB

長さがおよそ20cm

イヤーピース/イヤーチップ

イヤーピースは既に装着されたものをMとしてSとLが付属。
既に装着されているものとは若干、違った色味。

イヤーチップは既に装着されたものをMとしてLサイズが付属。

保証書/取扱説明書

保証書は中国語で表記。
取扱説明書は多言語で記載してあり、日本語表記もあります。

装着

装着は本体をねじ込むように行い密着度を上げます。
ケーブルに型がついているので頬に当たるような場面も。

閉そく感は大きくなく遮音性は案外高い。
ゲーム音が流れると外音は聞こえないくらい。

本体片側3.8gということで着け心地は軽い。
ネックバンドの重さの方が気になるかも。

実際、装着しているところは動画でどうぞ▼

マイク音質

スマホで録画した音声を聞いた感想です。

感度が高すぎるのか音を拾いすぎてピークを打っているような歪んだ音がします。
デジタル音声信号はピークを打つとこのようなノイズが入ることが多いです。

気を使って小さな声で話すとことになるので使いにくいマイクとしか言えないです。

実際の音は動画で▼

遅延

このイヤホンにはゲームモードがあります。
ゲーミングモードでは音質の変化、遅延の低減が行われます。

通常時はおよそ120msの遅延。
銃を撃つとなると違和感を感じるレベル。

ゲーミングモードにすると少し低減されますが90msと言ったところ。
だいぶ気にならなくはなりますが音にシビアなゲームでは違和感を感じてしまうかもしれません。

スピーカー音質

中音域寄りの低音がボコボコ言うようなコモった音がします。
銃声や足音も破裂音のような音として聞こえます。
なので銃声や足音を捉えることは可能。

でも音質が良いわけではないので違和感はぬぐえません。

定位については割と良く遠くの場所になると位置がぼやけてしまうんですが、近場の音なら位置をイメージしやすい。

リスニングについてはコモった音なのでまったく向きません。
わざわざリスニングで使うような音ではない。

まとめ

感想をまとめると、悪いイヤホンではないけど使えるとも言えない微妙なイヤホンでした。
遅延の感じずらさや定位感は問題ないんですが、音自体がスピーカー、マイクともに標準以下だったように思います。

正直、これを選ぶなら他の有線接続のイヤホンが候補に挙がるでしょう。

ということで当サイトでは他にも多くのゲーミングイヤホンを紹介しているので是非見ていってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました