レビュー:ZAPEST「MEZ-01」ゲーミングイヤホン[日本ブランド]を声高に語る実力は如何に

REVIEW
スポンサーリンク

今回レビューするのは▼

日本ブランドを前面に押し出すゲーミングイヤホン「ZAPEST MEZ-01」になります。

特徴

  • 6mmダブルドライバー搭載
  • 3Dサウンド
  • マイクミュートボタン
  • 日本ブランド

事あるごとに日本ブランドを主張しますが生産は海外のようです。

内容物

本体
着脱式マイク
イヤーピース
取扱説明書

外箱は▼な感じ

本体

全長1.2m
ハウジングはいかにもゲーミングといった外装で中二心をくすぐられます▼

大きめですが一体感はある。
LRの表記は後ろ側に▼

透明な筐体からはドライバーが見えます▼

冒頭でも記したように6mmのダブルドライバーを搭載。

ゴム製の突起は耳への保持を補助する形状▼

L側に着脱式のマイクを挿す端子があります▼

LRの分岐点にインラインマイクを内蔵したインラインコントローラーが搭載▼

ボリュームスライダー、マイクミュートスイッチ、丸いボタンはマルチファンクションボタンになっていて通話の応答や終了、オーディオプレイヤーの再生停止などが操作可能となっています。
ミュートスイッチがついているゲーミングイヤホンは少ないので、それだけでも点数アップ。

接続は4極3.5mmステレオミニプラグとなっています▼

スプリットケーブルは付属していないので注意が必要です。

イヤーピース

既装着がMサイズ、付属がSサイズとLサイズ。

着脱式ブームマイク

フレキシブルで自由自在に曲げられるブームマイク▼

指向性は明記されてませんが恐らく無指向性。

取扱説明書

ペライチ。
日本語表記はさすが日本ブランド。

装着感

前述した突起の部分は特に保持を補助するものではありませんでした。
保持はイヤーピース頼り。保持は少し不安が残ります。

遮音性は外音も若干聴こえるぐらいで高くはない。
なので圧迫感も感じづらい。

ブームマイクは短め。
声をちゃんと拾ってくれるか微妙。

マイク音質検証

実際に動画でお聞きください。
動画では同価格帯の「Turtle Beach BattleBuds」と比較検証しています▼

マイクの性能はGood
ボイチャに向いた音になっています。明瞭感もアリ、通る音になっています。

ただしマイクミュートスイッチがON/OFFしたときにノイズが入ります。
多用しなければ大丈夫かもですが、ボイチャ相手などには一言かけておくと良いかもしれません。

スピーカー音質

音は変な感じのドンシャリ。
変な感じというのは音の再現性は低いのに、高音域、低音域と、おかしな周波数が持ち上がっていて妙な印象を持ちます。
無理矢理ゲーミングといわれる銃声、足音を聞きやすくなるよう調整した感じ。

定位は割と良くLRの分離はわかりやすかったです。
バチっと合うわけではなく、それなりに。

総合的にはコモっているのにシャリシャリなってる妙な音。

まとめ

全体的な評価はマイクは合格点ですが、スピーカーがいただけない。
端的に言うとゲーミングではありますが変な音が鳴っています。

見た目はイケメンですが、これは個人の好みも大きいので一概に言えないところ。

音質というものにこだわりがなければ銃声も足音も変に捉えやすいのと、定位が程よく良い、プラス安価なのでオススメはできそうです。

ただミュートスイッチが搭載されているのは他のゲーミングイヤホンにはあまりないので魅力的。

.33320453

コメント

タイトルとURLをコピーしました